SocialDogは安全?注意点と一緒に安全性を解説します

SocialDogの安全性が心配な人

SocialDogって安全なの?
SocialDogってスパムにはならない?
Twitterのルールに違反してないの?

こんな疑問にお答えします!

この記事ではSocialDogを安全性についてまとめています。

Twitterを効率的に使いたいけど、アカウントが凍結されたり
スパム認定されたりしたら嫌ですよね。

僕もTwitterのツールはどれも怪しいし、本当に安全なの?と思っていました。

でもちゃんと調べたうえで使ってみたところ、
安全性が高く安心してSocialDogを使えています。

この記事を読めばSocialDogは安全なことがわかるので
安心してSocialDogを使えます
よ。

本記事の内容
  • SocialDogの安全性
  • SocialDogでアカウント凍結やスパムにされない使い方
  • Twitterのルール

SocialDogの安全性を記事を読んで確かめてみてください。

レビュー記事はSocialDogを使ってみた感想をご覧ください。

\安心して使えるTwitter運用ツール/

目次

SocialDogが安全なツールである3つの理由

引用:SocialDog HP

SocialDogは次の3つの理由から安全であると言えます。

  • Twitterルールに100%従っている
  • セキュリティが万全
  • アカウント連携をしている

順番に解説していきます。

Twitterルールに100%従っている

1つ目はTwitterのルールに100%従っていること。

ルールは「Twitterルール」と「自動化ルール」の2つがあり、
SocialDogはこの2つのルールに従っています。

読者

え?「Twitterルール」と「自動化ルール」ってなに?

ざっくり言うと

  • 「Twitterルール」⇒Twitter利用者が守るべきルール
     例)暴力や攻撃的な行為、テロ行為をしないなど
  • 「自動化ルール」⇒ ツール開発者向けのルール
     例)スパム目的の自動化ツイート、DMを送らないなど

というものです。

詳しく知りたい人は以下のリンクからどうぞ。

>>Twitterルール

>>自動化ルール

この2つのルールに従っているツールなので
安全なツール
と言えます。

実際にSocialDogは過去にTwitterからの要請によって
自動フォローなどの機能を終了しています。

その都度Twitterの要請に対応している点でも、
安全に使えるツールだと納得できますね。

セキュリティが万全

2つ目はTwitter公式の「OAuth」というシステムを利用しているので、
セキュリティが万全である
ということ。

OAuthってなに?

OAuthとは異なるシステム間でデータや機能へのアクセス権限の許可を行う仕組みのこと。
Google、Facebook、Twitterなども採用している認証システムです。

素人が言葉で説明するのは難しいので、
OAuthについて詳しく知りたい方はこちらでご覧ください。

このOAuthがあることでIDやパスワードの流出を防ぎ、
アカウントの乗っ取りなどの不正行為から守られています。

さらにアカウントの管理権限は自分自身についているので
SocialDogや他の第3者に利用されることはないです。

また全ページSSL/TLS暗号化に対応していることも安心です。

SSL/TLS暗号化とは?

SSL(Secure Sockets Layer)/TLS(Transport Layer Security)とは、
インターネット上で通信を暗号化する技術です。

SSL(Secure Sockets Layer)/TLS(Transport Layer Security)を利用して
パソコンとサーバ間の通信データを暗号化することで、
第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぐことができます。

引用:SSL/TLSの解説と選び方まとめ

要するにデータを暗号化することで、
データの盗聴や改ざんを防ぐことができるというものです。

リク

他の誰かに利用されることがないから安心して使えるワン!

アカウント連携をしている

Twitterとアカウント連携をしているため
許可なく勝手にツイート、フォロー、フォロー解除、ミュートなどの
操作は絶対にされません。

上記により

  • 自動でフォローやフォロー解除を大量にしてアカウント凍結
  • スパム扱いを受ける
  • 勝手にツイートしてBotと思われる

ということは絶対にありません。

自分の意思で使えるので安心ですね!

\安心して使えるTwitter運用ツール/

SocialDogを使ってもアカウント凍結や規制を受けない?

結論としてはTwitterのルールに違反した場合は、
アカウント凍結や規制になる可能性もあります。

しかしTwitterルールに従っていれば
SocialDogを使用しても凍結や規制は受けないでしょう。

凍結や規制を避ける使用方法はSocialDogのヘルプにも書かれています。

>>凍結や規制を避けるにはどうしたら良いですか?

基本はTwitterルールに従って、他人を不快にしないことが重要のようです。

Twitterを伸ばしたいと思ってSocialDogを利用するなら
他人を不快にすることはないと思います。

しかしそれでもフォローやフォロー解除、ツイート内容には注意が必要です。

その理由はTwitterルールに違反することになるからです。

詳しいことは次の章で解説します。

SocialDogを使う上で注意するべきTwitterルール

先ほども述べたようにフォローやフォロー解除、
ツイート内容には注意が必要です。

その理由を1つずつ解説していきます。

フォロー・フォロー解除の仕方

Twitterのフォローに関する概要では次のことに行うと
アカウント凍結似なる可能性があると書いてあります。

  • フォローチャーン
  • 無差別フォロー
  • 別アカウントのフォロワーの複製
  • フォロワー増加をうたうサービスやアプリの利用も即は利用の助長

特に注意するべきは「フォローチャーン」と
「無差別フォロー」の意味は下記のとおりです。

フォローチャーンとは?

自分のフォロワー数を増やすためにフォロバ狙いで
色んなアカウントをフォローした後、フォローされたらフォロー解除すること。

無差別フォローとは?

自動フォローなどの手段を用いて、
短期間に沢山フォローもしくはフォロー解除を行うこと。

フォローチャーンも無差別フォローも
沢山フォローやフォロー解除することがNGのようなので
Twitterをやるときには注意しましょう。

またSocialDogのヘルプでもフォロー、フォロー解除を
一度に大量に行わないように推奨
しています。
※フォローチャーンの観点から数週間以内にフォロー解除を行うことは非推奨となっています。

さらに1日のフォロー数はフォロワー数の10%程度、
フォロー解除もフォロワー数の10%程度か400人程度に抑えるのがおすすめ
とのこと。

まとめると大量にフォロー・フォロワー整理を行うことがNGということ。
整理するならこまめに整理するようにしましょう。

ちなみに1日にフォローできる数としては最大400アカウント、
認証済みアカウントでも1,000アカウントと決まっています。

これはスパムやフォロー関係の悪用を防ぎ、
ウェブサイトの信頼性を維持する目的で設定されているようです。

ツイート内容

ツイート内容でアカウント凍結しないために
次のことに気をつけましょう。

  • 攻撃的なツイートをしない
  • アダルトなツイートをしない
  • 同じドメインのURLばかりツイートしない

攻撃的はツイートをするためにSocialDogを利用する人はいないと思いますが、
Twitterルールに違反する項目なので注意です。

「アダルトなツイート」と「同じドメインのURLツイート」に関しては、
SocialDogのヘルプでもやらないように推奨されています。

アダルトなツイートは自分のアカウントの方向性と違うと思われて、
スパムの可能性があります

同じドメインのURLばかりツイートするのも、
botだと思われてスパムになる可能性があります

自分の運用目的に合ったツイートをすれば問題ないですね!

SocialDogで安全にTwitterを伸ばそう!!

SocialDogはTwitterルールに100%準拠している安全なツールです。

SocialDogは安全?まとめ
  • Twitterルールに100%準拠
  • セキュリティが万全
  • アカウント連携をしているので安全
  • フォローチャーン、ツイート内容に気をつけよう

SocialDogを使って安全にTwitterを伸ばしていきましょう!!

\安心して使えるTwitter運用ツール/

リク

最後まで読んでくれて
ありがとう!
ブログの更新情報はTwitterで
発信しているから
フォロー(@yamaushi2387
してくれたら嬉しいワン♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる