RIIZEライブ2024の倍率がヤバい!当落結果や当たらない人が多いのかを調査!

本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。
riize ライブ 2024 倍率

5月11日、12日に『2024 RIIZE FAN-CON ‘RIIZING DAY’ in TOKYO』を東京・国立代々木競技場第一体育館で終えたばかりのRIIZE。

9月には日本デビューも決まっているので、まさに今ノリにノッているグループと言えるでしょう。

今度は7月から『2024 RIIZE FAN-CON ‘RIIZING DAY’ JAPAN HALL TOUR』の開催が決まっています!

ファンとしては嬉しい限りですが、5月11日、12日のファンコンは倍率20倍と言われるほど高倍率でした。

なので「7月からのファンコンの倍率も高くなるのでは?」と心配になっている方も多いと思います。

そこで今回は

  • RIIZEライブ2024の倍率
  • RIIZEライブ2024の当落結果
  • RIIZEライブ2024は当たらない人が多いのか

を調査しました!

今回はRIIZEライブ2024の倍率がヤバい!当落結果や当たらない人が多いのかを調査!をお届けしていきます。

目次

RIIZEライブ2024の倍率がヤバい!

RIIZEライブ2024の倍率は公式に発表されていないので、当サイトでは2.88倍~11.52倍と予想します!

かなり高倍率ですよね。

倍率の計算は

予想チケット申し込み数÷会場キャパシティ=倍率

でできるので、当サイト独自に計算してみました!

1人で1公演に対して応募できる枚数が2枚までなので、複数パターン計算していて、実際に計算した倍率の数字は次の通りとなります。

  • (14.4万人×80%×1枚×1公演)÷4万人=2.88倍
  • (14.4万人×80%×1枚×2公演)÷4万人=5.76倍
  • (14.4万人×80%×2枚×1公演)÷4万人=5.76倍
  • (14.4万人×80%×2枚×2公演)÷4万人=11.52倍

5月のファンコンの倍率がすごかったので、倍率ももっと高くてもいいかもしれません。

ですが、ファンコンなので、ファンクラブ会員のみ応募できるという前提で考えました。

ここからは予想した詳細の数字をご紹介していきます!

予想チケット申し込み数

チケット申し込み枚数はファンコンなので、ファンクラブ人数を使いたかったですが、ファンクラブ人数は公表されていません。

そこでRIIZEの日本公式Xアカウントのフォロワー数を参考に計算しました。

6月8日現在でRIIZEの日本公式Xアカウントのフォロワー数は、14.4万人です。

新人グループなのでフォロワーの80%がファンクラブ会員と考えて計算しています。

また、

  • 1公演につき1人2枚まで申し込み可能
  • 応募できる公演数の縛りは無し

だったので、最大1人2枚2公演に申し込むと考えて、次の4パターンのチケット申し込み数を計算しました!

  • 14.4万人×80%×1枚×1公演=115,200枚
  • 14.4万人×80%×1枚×2公演=230,400枚
  • 14.4万人×80%×2枚×1公演=230,400枚
  • 14.4万人×80%×2枚×2公演=460,800枚

最低115,200枚、最高で460,800枚の応募があると予想します。

5月の国立代々木競技場第一体育館での総応募数が50万枚超えと言われているので、当サイトのMAX予想の460,800枚の応募はあり得そうです!

会場キャパシティ

RIIZEのファンコンの会場キャパシティは、以下のとおりとなっています。

日程会場キャパ公演数公演数
7月30日(火)、31日(水)パシフィコ横浜 国立大ホール5,000人2回10,000人
8月3日(土)、4日(日)大阪国際会議場 メインホール2,754人2回5,508人
8月8日(木)、9日(金)仙台サンプラザホール2,710人2回5,420人
8月11日(日)ベイシア文化ホール(群馬県民会館)2,221人1回2,221人
8月13日(火)倉敷市民会館1,996人1回1,996人
8月14日(水)広島文化学園HBGホール2,001人1回2,001人
8月20日(火)熊本城ホール  メインホール2,300人1回2,300人
8月21日(水)、22日(木)福岡サンパレス2,316人2回4,632人
8月25日(日)、26日(月)、27日(火)名古屋国際会議場センチュリーホール3,012人3回9,036人
合計43,114人

ファンからももっとキャパを大きくして!という声が出てたように、キャパが狭い会場が多いです。

ホールツアーなので仕方ない部分はありますが、一番多くてもパシフィコ横浜 国立大ホールの5,000人なので、物足りない感じはしますね。

合計では43,114人のキャパですが、機材配置などもあると思うので、今回は40,000人で倍率を計算しました!

RIIZEライブ2024の当落結果を調査!

RIIZEライブ2024の当落結果を調査したので、ご紹介します!

外れている方も結構いるようです!

RIIZEライブ2024は当たらない人が多いのかを調査!

現在調査中ですが、Xで当落を見ると外れている方が多いようですね!

注目度の高いグループなので、やはり倍率が高いのかもしれません。

まとめ

今回はRIIZEライブ2024の倍率がヤバい!当落結果や当たらない人が多いのかを調査!をご紹介しました。

倍率は公式に発表されていませんが、当サイトでは次のように2.88倍~11.52倍の倍率になると予想しました。

  • (14.4万人×80%×1枚×1公演)÷4万人=2.88倍
  • (14.4万人×80%×1枚×2公演)÷4万人=5.76倍
  • (14.4万人×80%×2枚×1公演)÷4万人=5.76倍
  • (14.4万人×80%×2枚×2公演)÷4万人=11.52倍

11.52倍のときの予想チケット申し込み枚数は460,800枚ですが、5月の国立代々木競技場第一体育館での総応募数が50万枚超えと言われています。

そのため、当サイトの予想もあながち間違っていないと考えられそうですね!

当落結果については会場キャパシティが狭いこともあってか、外れている方が多い印象でした。

やはり注目されているグループなので、倍率は高そうです。

2次先行などもあるかもしれないので、諦めずに応募して見てくださいね。

以上、RIIZEライブ2024の倍率がヤバい!当落結果や当たらない人が多いのかを調査!でした。

よかったらシェアしてね!
目次