ポップコーンメーカーの味付けが絡まない時のコツは?あとから簡単に味付けする方法も紹介!

今回はポップコーンメーカーの味付けが絡まない時のコツ、あとから簡単に味付けする方法をご紹介します。

ポップコーンメーカーだと油を使わないでポップコーンを作るので、味が付きにくかったりしますよね。

美味しくないポップコーンなら、ポップコーンメーカーを買ったのも無駄に…。

それだと寂しいので、ポップコーンメーカーで味が絡まない時のコツ、あとから簡単に味付けする方法を調べてみました。

美味しく食べるために、ぜひご紹介する方法を試してみてくださいね。

それでは、ポップコーンメーカーの味付けが絡まない時のコツは?あとから簡単に味付けする方法も紹介!をお届けしていくので、最後までお付き合いください。

目次

ポップコーンメーカーの味付けが絡まない時のコツは?

ポップコーン

ポップコーンメーカーで味が絡まない時のコツは下記のとおりです。

ポップコーンメーカーの味付けが絡まない時のコツ
  • 出来立てのポップコーンにすぐ塩を振る
  • 袋の中に出来上がったポップコーンと塩をすぐに入れて袋を振る
  • サラダ油や溶かしたマーガリン、バターをポップコーンに絡めて塩を振る
  • ポップコーンをもう一度熱してから塩を振る

塩味前提で書いていますが、粉末状のフレーバーなら同じように上記のコツを使えますよ♪

それぞれ解説していきますが、その前に味がつかない理由も解説しますね。

興味ない!という方は読み飛ばして「出来立てのポップコーンにすぐ塩を振る」から読んでOKです!

味が付かないのは、ポップコーンが乾いていて水分や油分が全くないからです。

ポップコーンメーカーは油を使わないで作るので、フライパンや鍋で作るよりポップコーンの表面が乾燥しています。

出来立てであれば、ポップコーン自体の蒸気で塩がつくはずなんですが、味が付かない時は乾燥していることが原因ですよ。

美味しく食べるためにも水分や油分に気を付けてみましょう。

それではコツを順番に解説していきます。

出来立てのポップコーンにすぐ塩を振る

出来立てのポップコーンにすぐ塩を振る方法は、ポップコーン自体の蒸気を利用する方法です。

出来立てはポップコーン自身に水分があるので、乾く前に塩を振れば味が付きますよ。

すぐ塩を振れる!という人は、この方法を試してみましょう。

袋の中に出来上がったポップコーンと塩をすぐに入れて袋を振る

袋の中にポップコーンと塩を入れて振る方法も、ポップコーンの水分を利用して味を付ける方法です。

まんべんなく味がつけられますし、袋に入れて振るだけなので、簡単に味を付けられます。

出来立てのポップコーンにすぐ塩を振る」と同じでスピード勝負になりますが、簡単に味を付けたい人におすすめです。

袋じゃなくてボウルを2つくっつけて振る方法でも大丈夫ですよ。

サラダ油や溶かしたマーガリン、バターをポップコーンに絡めて塩を振る

3つ目はサラダ油や溶かしたマーガリン、バターを使う方法です。

サラダ油やマーガリン、バターの油分のおかげで味が付きやすくなります。

つまり、ポップコーンに油分を付けて味を絡めやすくするということですね。

この方法であれば、焦らずポップコーンを作らなくていいですし、確実にポップコーンに味を付けることができます。

ポップコーンの量にもよりますが小さじ1~大さじ1の油があれば、うまく味が絡みます。

ただし、油を使うのでカロリーを気にする方には少し向いていない方法かもしれないので、カロリー計算をしている方は注意してくださいね。

ポップコーンをもう一度熱してから塩を振る

最後はポップコーンをもう一度熱する方法です。

ポップコーンにもう一度水分を持たせられるので、味が付きやすくなります。

温めた後は袋に入れてすぐに塩を振りかけると味が付きますよ。

二度手間になるのが難点ですが、油を使いたくない人におすすめです。

ポップコーンメーカーであとから簡単に味付けする方法も紹介!

テレビを見ながらポップコーンを食べる人

ポップコーンの味が付かない時のコツを紹介しましたが、「急いでポップコーンを作りたくない」「二度手間は面倒」という方に、あとから簡単に味付けする方法もご紹介します。

その方法とはポップコーンが乾燥していても、味が付きやすい調味料を選ぶことです!

塩などの粉末状の調味料は水分や油分がないと味がつきませんが、キャラメルのような味であれば、ポップコーンが乾燥していても味がつきやすいです。

ではおすすめの味付けと作り方をご紹介しますね。

おすすめの味付け
  • 醤油
  • はちみつ(メープル)
  • キャラメル
  • チョコレート
  • バター醤油

醤油味の作り方

醤油味の作り方は、ポップコーンにさらーっと回しかければ完成です!

醤油の味が濃いのもあるので、気持ち少なめに作ると美味しくできますよ。

はちみつ(メープル)味の作り方

はちみつ(メープル)味の作り方も醤油味と同様、ポップコーンに適量をかけて絡めればOK です。

かけすぎるとしなしなになって。ポップコーンのサクサク感が無くなることもあるので、少しずつ入れてみてくださいね。

キャラメル味の作り方

キャラメル味の作り方は下記のとおりです。

材料(ポップコーン約50g前提)

  • 砂糖:70g
  • バター(有塩):30g
  • 牛乳:大さじ2

作り方

  1. フライパンに砂糖、バター、牛乳を入れて、中火でかき混ぜながら加熱する。
  2. キャラメル色になるまで加熱し、火を止めてポップコーンを加える。
  3. 全体をよく混ぜ、ポップコーンと絡めてクッキングシートの上に広げて冷ます。

温かいままでも美味しいですが、冷やすと食感も楽しめますよ!

醤油味やはちみつ(メープル)味より手間がかかるので、たまに作るくらいで丁度いいかもしれません。

チョコレート味の作り方

チョコレート味の作り方は以下のとおりです。

材料(ポップコーン約50g前提)

  • ブラックチョコレート(板チョコ):2枚(約45g)
  • 調整ココア:大さじ4

作り方

  1. チョコを細かく砕いて耐熱容器に入れ、ラップをせずに500〜600wでレンジで温める。
  2. 30秒したら取り出して混ぜる。その後は10秒ごとに取り出し、よく混ぜてなめらかにする。※目安は500wで合計約70秒
  3. ポップコーンと溶かしたチョコとよく混ぜる。
  4. チョコが固まりきらないうちにココアを加えて、よく混ぜる。
  5. チョコを絡めたポップコーンがほぐれてきたら完成。

ココアなしでも十分おいしいですが、足すとより美味しくなりますよ!

バター醤油味の作り方

バター醤油味の作り方は以下のとおりです。

材料(ポップコーン約50g前提)

  • バター:50g
  • 醤油:大さじ2と1/3

作り方

  1. フライパンにバターを入れて溶けるまで熱する。
  2. バターが溶けたら醤油を入れて、よく混ぜる。
  3. 混ぜたバター醤油とポップコーンを絡めて完成。

醤油だけじゃ物足りない!という人におすすめです!

まとめ

ポップコーンメーカーの味付けが絡まない時のコツは?あとから簡単に味付けする方法も紹介!

ポップコーンメーカーの味付けが絡まない時のコツ、あとから簡単に味付けする方法をご紹介しました。

ポップコーンメーカーで作ったポップコーンに味が絡まないのは、油を使っていなくてポップコーンが乾燥していることが原因でした。

味付けが絡まない時のコツは以下のとおりです。

ポップコーンメーカーの味付けが絡まない時のコツ
  • 出来立てのポップコーンにすぐ塩を振る
  • 袋の中に出来上がったポップコーンと塩をすぐに入れて袋を振る
  • サラダ油や溶かしたマーガリン、バターをポップコーンに絡めて塩を振る
  • ポップコーンをもう一度熱してから塩を振る

また、あとから簡単に味付けする方法としては、ご紹介した下記の味付けを試すのがおすすめです。

おすすめの味付け
  • 醤油
  • はちみつ(メープル)
  • キャラメル
  • チョコレート
  • バター醤油

特に醤油とはちみつ(メープル)がお手軽でおすすめですね!

簡単で美味しいポップコーンを食べるためにも、ぜひ試してくださいね!

以上、ポップコーンメーカーの味付けが絡まない時のコツは?あとから簡単に味付けする方法も紹介!でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次