仕事は頑張らない方がいい!【実体験をもとに理由と方法を解説します】

仕事 頑張らない アイキャッチ
悩んでいる人

仕事を頑張らない方法を知りたい。
仕事を頑張らない方が賢い?
仕事を頑張らないのは罪?
仕事を頑張る意味ってなに?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 仕事は頑張らない方がいい理由
  • 仕事を頑張る意味
  • 仕事を頑張らなくていいという根拠
  • 仕事を頑張らない方法

「仕事を頑張りたくないけど、頑張らないのはいけないこと?」と悩んでいませんか?

実は、この記事を読むと、仕事は頑張らなくてもいいと理解できて、その方法もわかるようになります。

なぜなら、僕自身も実際に頑張っていた仕事を、頑張らないようにできたからです。

この記事では、仕事を頑張らない方がいい理由、頑張らなくていいと言う根拠と頑張らない方法をご紹介します。

記事を読み終えると、仕事を頑張らないことに悩まなくなって、頑張らずに過ごせるようになりますよ。

やまうし

実際に僕は、頑張るのをやめて、残業時間が月30時間も減りました。

リク

この記事は最低限の仕事はして、それ以上は頑張らない前提の記事だから、注意してワン!

目次

仕事を頑張らないことが賢い6つの理由

賢い

あなたは「仕事はお金のために働いている」とか、「仕事は楽しくないもの」と思って、働いていますか?

もしそうなら、仕事は頑張らない方がいいですし、賢い選択と言えます。

その理由は下記の6つです。

  • 頑張っても給料が上がらないから
  • 昇進できないから
  • 心も身体も会社に搾取されるから
  • うつ病や過労死のリスクがあるから
  • どんどん仕事を振られるから
  • 自分の時間が増えるから

上記の理由から、仕事は頑張らない方がいいと言えます。

頑張っても給料が上がらないから

1つ目は、頑張っても給料が上がらないからです。

日本企業の多くは、仕事を頑張っても中々給料が上がりません。

実際に、2019年の平均昇給額は5,997円。

連合がまとめた2019春季生活闘争(春闘)のデータによると、調査対象となった5405の労働組合の昇給額の平均は5,997円となっています。

引用:【2019年版】企業の昇給額の平均は5,997円!企業規模別の差も解説

頑張った人も頑張ってない人も、6,000円前後しか昇給しないんです。

それなら、固定費の見直しをして、6,000円の節約をした方いいですよね。

昇進できないから

2つ目は、昇進できないこと。

もちろん、実力主義で若くして昇進して、部長になった!なんて人もいると思います。

でも、そうでない会社も多いのは事実です。

「仕事を頑張って昇進するんだ!」と思っても、昇進するのに5年、10年かかると頑張るモチベーションは続きませんよね。

モチベーションが上がらない中で、長い時間頑張り続けるのは、得策とは言えないでしょう。

心も身体も会社に搾取されるから

3つ目は、心身ともに搾取されてしまうことです。

仕事を頑張ると、どうしても残業が多くなります。

残業が多くなると、体力的にはもちろん消耗しますよね。

体力がないのに働き詰めると、メンタル的にも余裕がなくなっていきます。

些細なことでイライラしてしまいます。

うつ病や過労死のリスクがあるから

4つ目は、うつ病や過労死について。

3つ目の心身ともに搾取されてしまうことが続くと、うつ病や過労死にリスクが高まります。

実際に僕も、忙しくて毎日残業があった時に、うつ病と診断されました。

今は回復していますが、うつ病だと何もできなかったので、怖い体験でした。

それくらいうつ病は深刻なものです。

うつ病にならないためにも、仕事は頑張らない方がいいです。

どんどん仕事を振られるから

5つ目は、どんどん仕事を振られることです。

仕事を頑張る人は、仕事が早いです。なので、仕事もどんどん振られてしまいます。

なぜ仕事が早いかというと、沢山ある仕事を処理する必要があるので、仕事を早く終える術を身に付けているから。

上司もそれをわかっています。

だから、仕事を頑張る人に、どんどん仕事を振ります。

頑張って仕事が増えて苦しくなるなら、仕事は頑張らない方がいいです。

自分の時間が増えるから

最後は自分の時間が増えるから。

例えば、今まであなたは仕事を頑張っていて、毎日3時間残業していました。

そこから仕事を頑張るのをやめて、3時間の残業が無くなったとします。

そうすると、毎日3時間も自分の時間が増えることになりますね。

毎日3時間もあれば、今までやりたいと思っていたゲームをしたり、ジムに通ったり、家でのんびり過ごしたり、勉強したりと、やりたいことができるようになります。

毎日3時間は極端かもしれません。

でも、仕事と自分のやりたいこと、どちらに時間を使った方がいいかは明白ですよ。

仕事を頑張る意味は?

仕事を頑張らない方がいい理由を6つ紹介しました。

でも、上記の通り、全員が仕事を頑張らない方がいいわけではありません。

仕事を頑張らない方がいい人は、「お金のためだけに働いている人」「仕事は楽しくないと思って働いている人」です。

そう考えている場合は、どんな仕事についても、頑張る意味は見いだせないでしょう。

逆に、「仕事は自己成長・自己実現のため」「仕事を楽しくやりたい」と思う人は、仕事を頑張ることでその目標が達成できます。

そんな人たちは、自分の目標を達成することが、仕事を頑張る意味になります。

仕事は頑張らなくても問題ない理由

心配ない

仕事を頑張らなくていいと言われても、「本当に仕事を頑張らなくていいの?」と不安になりますよね。

だって、そんなこと一度も言われたことないから。

そんなあなたに、仕事を頑張らなくても問題ない理由を解説していきます。

その理由は下記の4つです。

  • あなたの仕事は他の人でもできるから
  • 給料は変わらず出るから
  • 迷惑は掛からないから
  • お金のために働いているから

順番に解説していきます。

あなたの仕事は他の人でもできるから

自分にしかできないと思っていた仕事が、他の人でもできる。

この理由はショックを受けるかもしれません。

でも、あなたが今担当している仕事を、この先もずっと続けるわけではありませんよね。

あなたも前任者から引継ぎ、いずれ後任者に引き継ぎます。

これはどの会社でもそうです。

iPhoneで有名なApple社は、スティーブ・ジョブズ氏がCEO(最高経営責任者)を辞めたあと、現CEOのティム・クック氏が後任者となりました。

そして、 現CEOのティム・クック氏は、 業績を伸ばし続けています。

あのApple社を立ち上げたスティーブ・ジョブズ氏でさえ、替えが効くんです。

あなたの仕事が、替えが効かないわけありません。

何かあれば、他の人が仕事をしてくれます。

なので、仕事を頑張らなくても問題ないんです。

給料は変わらず出るから

2つ目は、給料が変わらずに出るから。

仕事をしなくても、給料はしっかり出ます。

それが日本企業の良いところではあります。

特に仕事をしていないのに、自分より給料を貰っているおじさんいますよね?

いわゆる、窓際族と呼ばれる人たちです。

仕事を頑張らなくても、クビにならないし、給料も貰える。

それなら仕事を頑張らなくても、問題ないですよね。

迷惑は掛からないから

「仕事を頑張らないと会社に迷惑をかけるんじゃないのか?」と考えますよね。

しかし、意外と迷惑はかかりません。

なぜなら、最低限の仕事をあなたはしているから。

さらに、上述したように、他の人が仕事をしてくれるから。

迷惑をかけないなら、それ以上は頑張らなくても問題ないですよね。

お金のために働いているから

最後は、お金のために働いているから。

お金目当てであれば、最低限の仕事をするだけでも給料は貰えます。

「頑張った方が給料も増えるじゃないか!」と思うかもしれません。

でも、上述したように、平均昇給額は5,997円。

頑張っても月6,000円しか昇給しないなら、頑張る意味はそれほどないと思います。

それなら、固定費を見直すか、残業を減らしてやりたいことをやるか、副業で稼いだ方が良いです。

お金のことを考えるなら、仕事を頑張らなくても問題ないですよ。

仕事を頑張らない7つの方法

方法

仕事を頑張らない方がいい理由などは、上述の通りです。

なので、ここからは、仕事を頑張らない7つの方法をご紹介します。

  • 他の人に仕事を振る
  • 仕事を仕組化する
  • 残業せずに帰る
  • お願いされた仕事は断る
  • 必要最低限のことしかしない
  • 何のために頑張るのか自問自答する
  • 転職や副業をする

どれも僕が実践して、効果のあったものですよ。

他の人に仕事を振る

他の人に仕事を振れば、必然的に自分の仕事は減ります。

そうすれば、早く仕事を終わらせようと、頑張る必要が無くなりますよ。

でも、他の人への頼み方は注意が必要です。

適当に「これやっといて」という頼み方だと、頼まれた側もムッときてしまいます。

「〇〇さんだから頼みたい。」「〇〇さんに△△のスキルがあるから、頼みたい。」のような頼み方をしましょう。

そうすると、頼まれた方も気持ちよく引き受けてくれますよ。

仕事を仕組化する

仕事を仕組化すれば、無駄が無くなります。

無駄が無くなることで、仕事が簡単になるので、頑張る時間が減りますよ。

複雑になりすぎている資料などがあれば、簡略化できないか検討してみてください。

最初は時間がかかるし、重い腰を上げなければなりません。

でも、一度簡略化すれば、後が楽になりますよ。

残業せずに帰る

3つ目は、残業せずに帰ること。

残業せずに帰れば、残業してまで、頑張る必要が無くなります。

「いやいやいや、残業しないと行けないから残業してるんだよ。」という人もいるでしょう。

その場合は、定時で帰ると紙に書くなど、ちゃんと目標を立ててください。

紙に書いたり、時間の〆切を立てることで、目標を達成しやすくなりますよ。

お願いされた仕事は断る

お願いされた仕事は断りましょう。

仕事を断れば、頑張らずに済みます。

「自分にしかできないから、お願いしているのでは?」と思うかもしれませんが、そんなことありません。

先ほども書いたように、仕事は他の人でもできます。

だから、断っても問題ないんです。

でも、断り方は気を付けてくださいね。

必要最低限のことしかしない

仕事は必要最低限にしておきましょう。

最低限以上のことをするから、頑張らなければならなくなります。

本当にあなたがやらなければならない仕事は、そんなに多くないはずです。

その仕事だけやれば、頑張らずに定時で帰ることもできますよ。

何のために頑張るのか自問自答する

仕事を頑張る理由を、確認することも大事です。

そのためには、その仕事を何のために頑張るのかを自問自答すると良いです。

その結論が、お金のためなら頑張らなくていいですし、自己成長のためなら頑張ればいいです。

むやみに頑張るのは良いことじゃありません。

頑張る理由を明確にして、仕事に取り組んでください。

あなたに必要な仕事が絞られますよ。

転職や副業をする

最後は転職や仕事をすることです。

直接、今の仕事に関係のあることではないです。

でも、頑張りたい理由を見つけるのに、有効な方法ですよ。

転職にしても、副業にしてもお金のためだけだと、中々楽しくできません。

だけど、あなたがやりたいこと、好きなことがあると、転職と副業はあなたが頑張る理由になります。

やりたいことや好きなことは、自然と頑張ろうとするものです。

副業に関しては、「副業を頑張るために、会社の仕事はさっさと終わらせるぞ!」と思えます。

そうすると自然に、会社の仕事を頑張らないようになりますよ。

おすすめの転職エージェントをまとめた記事も書いてるので、良かったら読んでくださいね。

まとめ:仕事は頑張らなくてもいい!自分の時間を増やして、やりたいことを見つけよう!

やりたいことを見つけよう!

ご紹介した「仕事を頑張らない方法」を実践すれば、仕事を頑張らずに、自分の時間を増やすことができます。

自分の時間を増やせれば、やりたいことが見つけられるので、楽しく過ごせますよ!

最後に、ご紹介した内容をもう一度おさらいしておきましょう。

仕事を頑張らない7つの方法
  • 他の人に仕事を振る
  • 仕事を仕組化する
  • 残業せずに帰る
  • お願いされた仕事は断る
  • 必要最低限のことしかしない
  • 何のために頑張るのか自問自答する
  • 転職や副業をする

上記の方法を実践して、自分のやりたいことを見つけていきましょう!

リク

最後まで読んでくれて
ありがとう!
ブログの更新情報はTwitterで
発信しているから
フォロー(@yamaushi2387
してくれたら嬉しいワン♪

仕事 頑張らない アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる