第二新卒におすすめの転職エージェント【第二新卒で転職中の著者が解説】

転職
悩んでいる人

おすすめの転職エージェントはどこ?
色んな転職エージェントがあるけど、それぞれの特徴は何?
転職エージェントの上手な使い方は?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 転職エージェントと転職サイトの違い
  • 転職エージェントの選び方
  • 転職エージェントと転職サイトの上手な活用法
  • 第二新卒におすすめの転職エージェント
  • 第二新卒におすすめの転職サイト
  • 転職エージェントを利用した転職活動の流れ

この記事では、第二新卒として転職活動中の僕がおすすめする、転職エージェントを紹介しています。

転職活動を始めるとき、下記のような疑問が浮かびますよね。

  • 転職エージェントと転職サイトの違いって何だろう?
  • 転職エージェントと転職サイトのどちらで転職活動をするべき?
  • 結局、どれが一番ベストなの?

上記の疑問にしっかりとお答えしていきます。

本記事では、転職サイトとの違いや各エージェントの特徴、転職エージェントの上手な使い方もご紹介します。

やまうし

今回紹介する転職サービスを利用すれば間違いありません。

それでは早速、転職エージェントと転職サイトを紹介していきます。

リク

この記事でおすすめするサイトをまとめたので、参考にするワン!

転職エージェント名おすすめ度特徴
マイナビエージェント20代から信頼されているエージェントNO.1、サービス期間が無期限
パソナキャリアオリコン満足度調査ランキング3年連続1位、年収UP率67.1%
リクルートエージェント業界最大の求人数30万件以上、転職支援実績NO.1
doda転職サイト一体型、リクルートエージェントに次ぐ求人数
マイナビ ジョブ20’sマイナビグループの20代専門エージェント
ハタラクティブ平均2-3週間で内定獲得、人柄重視の求人が多い
UZUZUZUZ社員全員が第二新卒か既卒、平均12時間のサポート
おすすめ転職エージェント一覧表
目次

転職エージェントと転職サイトとは?

転職エージェント

転職活動で利用するサービスには、転職エージェントと転職サイトがあります。

転職エージェントとは、転職支援のプロがあなたのキャリアカウンセリングをして、あなたに合った求人を紹介するサービスです。

転職相談や応募書類の添削、面談日程や年収の交渉など、あなたの転職を二人三脚でサポートしてくれます。

転職サイトは採用企業が載せている求人の中から、自分で求人を選び応募するサービスです。

自分自身で求人の検索をできるので、沢山の求人をみることができます。

でも、求人の応募や面談日程や年収の交渉などは、あなた自身ですべて調整する必要があります。

転職エージェントも転職サイトも、企業側がエージェントやサイトにお金を払っているので、転職するあなたは無料で利用できます。

転職が初めてであれば、転職エージェントを利用しないとやることが多く、疲れてしまいます。転職を少しでも考えているなら、転職エージェントを利用しましょう。
やまうし

「すぐに転職しない」場合でも、転職エージェントに相談する人は多いです。あなたの市場価値を確かめるための登録でも大丈夫ですよ!

  • 転職エージェントと転職サイトの特徴

上記でも少し触れましたが、転職エージェントと転職サイトそれぞれに特徴があります。

その特徴を箇条書きで下記にまとめました。

ご参考までにどうぞ。

転職エージェントの特徴7つ

転職エージェントの特徴は、下記の7つです。

  • 専任アドバイザーがつく
  • 転職サイトにはない非公開求人がある
  • 企業の情報量が多い
  • 自分のことを企業に推薦してくれる
  • アドバイザーの質の差が激しい
  • 求人は自分で探せない
  • エージェントとのやり取りがある

転職エージェントの特徴は、上記のような感じです。

転職エージェントはあなた専任のアドバイザーがつきます。

専任アドバイザーは、求人の紹介や応募書類の添削、面接対策、面談日程や年収、入社日の交渉や調整をしてくれます。

なので、あなた自身の手間が大きく省けること、アドバイスを貰えることが大きなメリットとなります。

だけど、優秀なアドバイザーと優秀じゃないアドバイザーがいるので、その点は注意が必要です。

優秀じゃないアドバイザーがついた場合は、アドバイザーの変更や他のエージェントを利用するといいでしょう。

転職サイトの特徴7つ

一方、転職サイトの特徴は下記の7つです。

  • 好きな時に転職活動できる
  • 求人数が豊富
  • 会員登録のみで簡単に利用できる
  • 気になった求人はすぐ応募可能
  • 企業からのスカウト・オファー制度がある
  • 転職サポートがない
  • 求人を探す手間がかかる

転職サイトの特徴は、上記のような感じですね。

求人を自分で見れたり、企業からのスカウトやオファーがあるのが最大のメリットです。

ただ、転職サイトを利用した場合、すべて自分で進めなければならないことが大変です。

もしどちらかだけを使うなら、転職エージェントにしましょう。
※もっと上手な活用方法は次で解説します。
やまうし

初めての転職なら転職エージェントは、大きな味方になりますよ。

転職エージェントと転職サイトのおすすめ活用方法

転職エージェントと転職サイトのおすすめ活用方法は、両方使うことです。

両方使う理由はお互いのデメリットを補いながら、転職活動できるからです。

転職エージェントのデメリットの1つは自分で求人が見れないことで、転職サイトのデメリットの1つは転職サポートを受けれないことです。

下記の手順で転職エージェントと転職サイトを利用すると、上記のデメリットが解決されます。

  1. 転職サイトに登録する
  2. 転職サイトで求人を検索する
  3. 気になった求人を転職エージェントに相談する
  4. 転職エージェントから推薦してもらい、応募する

上記の方法だと、転職エージェントのデメリットの自分で求人を見れないことは、転職サイトから求人を検索することで解決できます。

一方、転職サイトのデメリットである転職サポートを受けれないことは、見つけた求人を転職エージェントに相談することで、サポートを受けることができます。

また、転職エージェントから推薦してもらうことで、書類の通過率も高くなりますよ。

社会人経験の少ない第二新卒には有効な方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントの選び方

選び方

転職エージェントを選ぶときのポイントは、下記の3つです。

  • 転職エージェント選びのコツ3つ
  • 求人が多いところを選ぶ
  • 優秀なアドバイザーがいるところを選ぶ
  • 行きたい業界の求人が多いところを選ぶ

1つずつ簡単に解説していきますね。

求人が多いところを選ぶ

1つ目は求人が多いかどうかです。

転職したい業界は決まっていないけど、転職したいと思っている人も多いと思います。

なので、色んな業界への選択肢を残すために、求人数の多いところを選ぶことが大切なポイントとなります。

やまうし

行きたい業界が決まっているなら、その業界に特化した転職エージェントを選ぶのもアリですよ。

例えば、僕はWEB業界に行きたいと思ってますが、エンジニア職ではなく営業職です。

だから、リクルートエージェントやマイナビエージェントのような、求人数の多いエージェントを利用しています。

こんな感じで、あなたが希望する転職に合わせて、転職エージェントを選びましょう。

優秀なアドバイザーがいるところを選ぶ

優秀なアドバイザーがいる転職エージェントを選ぶべきですね。

その理由はアドバイザーと二人三脚で転職を進めるから。

例えば、仕事のチームを組むときに、自ら仕事ができない人とはチームを組まないですよね。

それと同じように、転職を成功させるためには、優秀なアドバイザーを選ぶ必要があります。

具体的には、下記のような項目に当てはまる人を選びましょう。

  • キャリア相談も転職サポートも丁寧
  • あなたの希望をちゃんと聞いてくれる
  • レスポンスが速い
  • あなたとの相性がいい

あなたのことを真剣に考えてくれてるアドバイザーを選びましょう。

優秀なアドバイザーと出会うためには?
優秀なアドバイザーと出会うためには、複数の転職エージェントに登録しましょう。

どの転職エージェントもアドバイザーの質はピンキリです。

実際に僕も、リクルートエージェントのアドバイザーは合いませんでした。でも、マイナビエージェントやパソナキャリアのアドバイザーには、良くしてもらっていますよ。

優秀なアドバイザーと出会うには、転職エージェントを複数登録することがマストです。

もし、その転職エージェントにしか求人がないのに、アドバイザーがダメだった場合は、アドバイザーの変更をお願いしましょう。

行きたい業界の求人が多いところを選ぶ

行きたい業界がある場合は、その業界の求人が多いところを選びましょう。

もし、あなたがメーカーに転職したいのに、IT・WEB業界に強い転職エージェントを使っていたら時間の無駄です。

総合系エージェントであれば、どの業界の求人や転職実績が多いかを公表しているので、確認できますよ。

第二新卒のおすすめの転職エージェント7つ

エージェント

それでは、おすすめの転職エージェントを7つご紹介していきます。

  • おすすめ転職エージェント7つ
転職エージェント名おすすめ度特徴
マイナビエージェント20代から信頼されているエージェントNO.1、サービス期間が無期限
パソナキャリアオリコン満足度調査ランキング3年連続1位、年収UP率67.1%
リクルートエージェント業界最大の求人数30万件以上、転職支援実績NO.1
doda転職サイト一体型、リクルートエージェントに次ぐ求人数
マイナビジョブ20’sマイナビグループの20代専門エージェント
ハタラクティブ平均2-3週間で内定獲得、人柄重視の求人が多い
UZUZUZUZ社員全員が第二新卒か既卒、平均12時間のサポート
おすすめ転職エージェント一覧表

1つずつ解説していきますね。

その①:マイナビエージェント

マイナビエージェント
その①:マイナビエージェント

1つ目は、株式会社マイナビが運営している、マイナビエージェントです。

「20代が登録すべき転職エージェントはどこなの?」と言われたら、マイナビエージェントだと答えます。

その理由は、20代に信頼されている転職エージェントNO.1だから。

その証拠に登録者の年齢層も20代が約6割を占め、マイナビエージェントを使えば転職しやすいことを表しています。

しかも、マイナビエージェントは、サービス提供期間が無期限。転職にかかる時間に関係なく20代の転職を、全力でサポートしようとしていることがわかります。

やまうし

実際に僕自身も熱心にサポートしてもらってます。

「20代転職の実績がある転職エージェントで、熱心なサポートを受けたい」あなたにぴったりです!

>>マイナビエージェントで転職活動をする

下記の記事で、マイナビエージェントを使った実体験やネットの口コミを解説しています。良かったら、チェックしてみてください。

その②:パソナキャリア

パソナキャリア
その②:パソナキャリア

2つ目は、株式会社パソナが運営会社のパソナキャリアです。

パソナキャリアは、年収アップのしやすい転職エージェントと言えます。

なぜなら、パソナキャリアを利用した人の転職後の年収UP率は67.1%。

やまうし

やりたい仕事をするのも大切ですが、年収アップはすごく重要ですよね。

さらに、オリコン満足度調査『転職エージェント』ランキングで3年連続1位に輝いています。なので、優秀なアドバイザーが多いです。

「優秀なアドバイザーにサポートしてもらいつつ、年収アップもしたい!」というあなたには、ぴったりです!

>>パソナキャリアで転職活動をする

下記の記事で、実際にパソナキャリアと面談した話や利用した感想を書いているので、チェックしてみてください。

その③:リクルートエージェント

リクルートエージェント
その③:リクルートエージェント

3つ目は、株式会社リクルートが運営するリクルートエージェントです。

「結局、どのエージェントに登録するべき?」と言われたら、リクルートエージェントは外せないと答えます。

そんな、リクルートエージェントの主な特徴を4つ見ていきましょう。

  • リクルートエージェントの特徴
  1. 転職支援実績NO.1(約38年の歴史で累計37万人以上)※1
  2. 業界最大の求人数30万件以上(内、非公開求人約19万件)※2
  3. 大手21%、中堅27%と手堅い基盤を持つ企業の求人が約半分
  4. 全国どこの地域でも利用可能(全国16拠点、U・Iターンにも対応)
  1. 厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
  2. 21年9月上旬時点、公式サイトの検索結果より

上記のような感じですね。

リクルートエージェントは、転職エージェントの定番を抑えたいという方に、おすすめのエージェントです。

転職実績NO.1ということもあり、転職のノウハウを沢山持っています。なので、あなたの市場価値を的確に教えてくれますよ。

また、業界最大の求人数を誇るので、あなたの行きたいと思う企業もあるはずです。

転職エージェントに登録するなら、リクルートエージェントに登録すれば間違いありません。

やまうし

U・Iターンにも対応しているので、地方で転職したい人にもおすすめです。

「色んな求人を見つつ、自分の市場価値を知りたい!」と思っているあなたにぴったりです!

>>リクルートエージェントで転職活動をする

下記の記事で、実際にリクルートエージェントを使った体験談や詳しい解説をしているので、チェックしてみてください。

その④:doda

doda
その④:doda

4つ目は、パーソルキャリア株式会社が運営するdodaです。

dodaは、リクルートエージェントに次ぐ求人数を誇る、最大手エージェントの1つです。

求人数は21年9月上旬で約13万件あるので、あなたの希望に合う求人が見つかります。

また、最大の特徴は転職エージェントと転職サイトが一体化していること。

この特徴があるので、上記で解説した「転職サイトで求人を探して、転職エージェントに相談する」方法がしやすいです。

やまうし

エージェントサービスを利用する際には、LINEでやり取りもできるので、手軽に連絡が取れますよ。

「自分で求人を探しつつ、転職エージェントを利用したい!」というあなたに、ぴったりです!

>>dodaで転職活動をする

その⑤:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's
その⑤:マイナビジョブ20’s

5つ目は、株式会社マイナビが運営している、マイナビジョブ20’s

2つ目に紹介したマイナビエージェントの関連サイトで、20代・第二新卒だけに的を絞った転職エージェントです。

マイナビジョブ20’sには適性診断があるので、あなたの特性をしっかり理解できます。

また、アドバイザーは20代の転職事情に詳しく、心強い味方になりますよ。
やまうし

企業からの求人も「20代の若手社会人」だけになっています。だから、30代以降の経験豊富な社会人と採用を争わなくていいですよ。

「適性診断をしたくて、20代転職の専門エージェントを使いたい!」と思っているあなたに、ぴったりです!

>>マイナビジョブ20’sで転職活動を始める

その⑥:ハタラクティブ

ハタラクティブ
その⑥:ハタラクティブ

6つ目は、レバレジーズ株式会社が運営会社のハタラクティブです。

レバレジーズ株式会社は、IT業界向けの転職サービス「レバテック」などや、医療・介護業界向けの転職・情報収集サービス「看護のお仕事」などの、人材サービスを運営している会社です。

そんなレバレジーズ株式会社が運営する、ハタラクティブの特徴は下記の3つ。

  1. 適性のある仕事のみを紹介
  2. カウンセリングから平均2-3週間で内定獲得
  3. 求人は経歴よりも人柄重視の企業が多い

上記の特徴があるので、自分に合った仕事が短期間で見つかりやすいです。

また、経歴よりも人柄重視の企業の求人が多いので、短期で離職した場合も安心です。

「短期離職をしたから、自分に合った仕事を早く見つけたい!」というあなたに、おすすめです。

>>ハタラクティブで転職活動を始める

その⑦:UZUZ

その⑦:UZUZ

7つ目は、株式会社UZUZが運営するUZUZです。

ウズキャリ第二新卒は、UZUZ社員全員が第二新卒、もしくは既卒出身の転職エージェントです。

なので、第二新卒で転職するあなたの気持ちがわかったうえで、サポートしてくれます。

実際に、1人当たりの平均サポート時間は12時間と、長時間のサポートをしてくれます。

応募書類の作成や面接の対策を密にしてくれるので、選考も通りやすくなりますよ。

「自分の気持ちがわかるエージェントにサポートしてほしい!」と思っているあなたに、おすすめです。

>>UZUZで転職活動を始める

第二新卒のおすすめの転職サイト4つ

転職サイト

続いて、おすすめの転職サイト4つもご紹介します。

転職サイト名おすすめ度特徴
doda 公開求人数約10万件、転職エージェント一体型
リクナビNEXT 正社員転職における転職サイト会員登録率NO.1、グッドポイント診断あり
マイナビ転職 全国各地で転職フェアを開催、転職myコーチ機能でのアドバイスあり
Green IT/Web業界向けの転職サイト、企業とマッチングすればカジュアル面談可能
おすすめ転職サイト一覧表

その①:doda

doda
その①:doda

1つ目はdodaです。

上述したように、dodaは転職エージェントと転職サイト一体型になっています。

公開求人数は約95,000件あり、その中からあなたに合う求人を選べますよ。

アドバイザーに相談すれば、企業に推薦してもらえるので、使わない手はないですね。

>>dodaで求人を見て、アドバイザーに相談する

その②:マイナビ転職

マイナビ転職
その②:マイナビ転職

転職サイトなのに、転職サポートも受けられるのがマイナビ転職です。

株式会社マイナビが出す転職サイトとなっています。

転職サイトにしては珍しく、転職フェアの開催や転職myコーチの機能を使って、応募書類や面接のアドバイスがもらえます。

  • 転職myコーチを使えるのは、応募書類の添削、面接のアドバイスともに1回ずつのみ。

転職フェアでは求人を出している企業が出展しています。そのほかにも、カウンセラーとのキャリア面談やセミナーも開催されますよ。

なので、実際に気になる会社の社員と話せますし、転職相談もその場で気軽にできますよ。
やまうし

21年9月現在はコロナ禍で、オンライン開催しているので、どこからでも気軽に参加できますよ。

もちろん求人数も約15,000件と豊富です。自分に合った求人もきっと見つかるでしょう。

「企業の社員の話を聞きながら、色んな求人をみたい!」というあなたに、おすすめです。

>>マイナビ転職で求人を探す

その③:リクナビNEXT

リクナビNEXT
その③:リクナビNEXT

株式会社リクルートが運営している転職サイトが、リクナビNEXTです。

転職エージェントとしても、求人数トップのリクルートグループが運営しているので、リクナビNEXTも約53,000件の求人を持っています。

転職サイトでも業界トップ層の求人数なので、正社員転職における転職サイト会員登録率NO.1です。

求人検索では、「こだわり条件」を設定できます。そのため、あなたの希望の求人が見つかりやすいですよ。

また、「グッドポイント診断」もあるので、あなたの強みを客観的に理解できます。

求人数の多さが重要なら、間違いなくリクナビNEXTは登録すべき転職サイトです。

>>リクナビNEXTで求人を探す

その④:Green

その④:Green

最後は株式会社アトラエが運営する、Greenです。

株式会社アトラエは東証一部に上場している企業で、ビジネスパーソン同士をマッチングする「yenta」というアプリを開発しています。

その株式会社アトラエが運営するGreenは、IT/Web業界向けの転職サイトです。

約23,000件の求人のうち、21,000件以上がIT/Web業界の求人となります。

「気になる」機能を使って、企業とマッチングできれば、企業と「カジュアル面談」ができますよ。

やまうし

転職前に企業の雰囲気を知れる良い機会ですね!

「IT/Web業界に興味があって、企業の雰囲気を知りたい」あなたにぴったりです。

>>GreenでIT/Web業界の求人を探す

転職エージェント・転職サイト以外におすすめのサイト3つ

ウェブサイト

最後に、転職エージェント・転職サイト以外におすすめのサイト3つをご紹介します。

上記の3つは転職活動の補助になるサイトですよ。

その①:ミイダス

ミイダス
その①:ミイダス

ミイダスはあなたの診断をもとに、企業からオファーが来るシステムの転職サイトです。

dodaを運営している株式会社パーソルキャリアのグループ会社である、ミイダス株式会社が運営しています。

ミイダスには、「市場価値診断」「コンピテンシー診断」「パーソナリティ診断」の診断機能があります。

特に「市場価値診断」では、7万人の転職データから、あなたに似ている経歴やスキルを持つ人へのオファー実績から、あなたの市場価値を診断します。

「第二新卒の自分がどのくらいの年収でオファーを貰えるのか?」という参考になりますよ。

年収はあなたの市場価値を計るデータなので、やって損はないですよ。

>>無料で市場価値を計る

その②:転職会議

その②:転職会議

2つ目は、株式会社リブセンスが運営する転職会議です。

株式会社リブセンスは「マッハバイト」なども運営しています。

転職会議は企業の口コミサイトとなっています。

21年8月末現在で、186,000件以上の企業に、300万件以上の口コミが投稿されているので、企業の良いところや悪いところがわかります。

気になる企業の口コミを確認しながら、転職活動をするのがおすすめです。ミスマッチが減りますよ。

>>無料登録で口コミを見る

その③:Open Work(旧Vorkers)

Openwork
その③:Open Work(旧Vorkers)

3つ目は、オープンワーク株式会社が運営会社のOpen Work(旧Vorkers)

Open Workも転職会議と同じように、企業の口コミサイトを運営しています。

口コミ登録企業数は、21年8月末現在で約160,000社です。

転職会議と併用することで、より信憑性のある企業の評価を確認できますよ。

>>無料登録で口コミを見る

転職エージェントを利用した転職の流れ

転職エージェントを利用した転職の流れ
転職エージェントを利用した転職の流れ

最後に、転職エージェントを利用した転職の流れをご紹介します。

転職エージェントを使う場合は、下記のような流れで転職活動をします。

  1. 登録
  2. 面談・求人紹介
  3. 応募・選考
  4. 内定・給与交渉・退職サポート
  5. 入社

手順①:登録

登録

まず、それぞれの公式ページから転職エージェントに登録します。

転職エージェント名おすすめ度特徴
マイナビエージェント20代から信頼されているエージェントNO.1、サービス期間が無期限
パソナキャリアオリコン満足度調査ランキング3年連続1位、年収UP率67.1%
リクルートエージェント業界最大の求人数30万件以上、転職支援実績NO.1
doda転職サイト一体型、リクルートエージェントに次ぐ求人数
マイナビジョブ20’sマイナビグループの20代専門エージェント
ハタラクティブ平均2-3週間で内定獲得、人柄重視の求人が多い
UZUZUZUZ社員全員が第二新卒か既卒、平均12時間のサポート
おすすめ転職エージェント一覧表

登録すると、数日でメールや電話で連絡が来ます。電話では、あなたの転職の意向などを話す場である、アドバイザーとの面談の日程を決めましょう。

手順②:面談・求人紹介

アドバイス
面談は、あなたとアドバイザーの認識をすり合わせる場です。あなたの希望業界や条件をしっかり伝えましょう。

ここで遠慮すると、自分に合わない求人を紹介されてしまいます。

後日、あなたの希望業界や条件に沿った求人を紹介してもらえます。求人を1つずつチェックしていきましょう。

やまうし

希望の求人がなければ、アドバイザーにもう一度相談してみましょう。それでもダメなら他のエージェントで探すといいですよ。

手順③:応募・選考

選考

気になる求人が見つかったら、応募して選考に進みます。

応募書類の添削も面接対策も、アドバイザーがしてくれるので、どんどん相談しましょう。

アドバイザーもあなたのことを企業に推薦してくれます。あなたをより魅力的に推薦してもらうためにも、たくさん頼るといいですよ。

面接まで進んだら、アドバイザーから過去の選考情報を聞くといいです。企業との信頼関係があるアドバイザーなら、面接官の人柄など、裏情報を教えてくれます。

やまうし

事前に質問がわかってれば、焦らず面接に望めますね!

手順④:内定・給与交渉・退職サポート

採用

希望の企業から無事内定が出たら、給与交渉です。

アドバイザーが転職先の企業の給与テーブルをもとに、実際にできる範囲で、あなたの年収が高くなるよう交渉してくれます。

給与交渉も遠慮せず、アドバイザーにお願いしましょう。

退職サポートは、あなたの希望があれば受けられます。

上司から引き止められたときにどうするかなど、状況に応じたアドバイスが貰えますよ。

手順⑤:入社

現職の会社を退職できたら、転職先の会社に無事入社です。

入社日を調整したいときも、転職エージェントが代わりに交渉してくれます。

何か不安ができたら、アドバイザーに相談してみてくださいね。

まとめ:第二新卒に転職エージェントは必須!優秀なエージェントを使って理想の転職をしよう!

ステップアップ
今回は、第二新卒におすすめの転職エージェント・転職サイト・転職に役立つサイトをご紹介しました。

失敗しない転職エージェントを7つ、再掲しておきます。

転職エージェント名おすすめ度特徴
マイナビエージェント20代から信頼されているエージェントNO.1、サービス期間が無期限
パソナキャリアオリコン満足度調査ランキング3年連続1位、年収UP率67.1%
リクルートエージェント業界最大の求人数30万件以上、転職支援実績NO.1
doda転職サイト一体型、リクルートエージェントに次ぐ求人数
マイナビジョブ20’sマイナビグループの20代専門エージェント
ハタラクティブ平均2-3週間で内定獲得、人柄重視の求人が多い
UZUZUZUZ社員全員が第二新卒か既卒、平均12時間のサポート
おすすめ転職エージェント一覧表
転職エージェントは、あなたのこれからのキャリアを左右する重要な要素となります。
今の会社に不満を持って働くくらいなら、転職エージェントを使って、新しい職場で満足できるキャリアを歩みましょう。
やまうし

「どの転職エージェントにすればいいか迷うけど、絶対に失敗したくない!」という方は、総合型のリクルートエージェントやマイナビエージェント、パソナキャリア、dodaのどれかを選んでおけば、間違いありません。

今回は以上です。

転職エージェントに登録したら、ガンガン転職活動していきましょう。

リク

最後まで読んでくれて
ありがとう!
ブログの更新情報はTwitterで
発信しているから
フォロー(@yamaushi2387
してくれたら嬉しいワン♪

転職

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる