ブルーロック映画どこまでやる?内容を予想!

本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。
ブルーロック 映画 どこまで

漫画にアニメと日本だけでなく世界の漫画ファン、サッカーファンの間で熱狂された「ブルーロック」。

海外リーグで活躍する日本人選手が、「ブルーロック出身」と言われることもありましたね。

デスゲーム×サッカーの新ジャンルと言える世界観や、登場人物のほとんどがFWという設定も魅力的な作品ですよね!

そんな話題作品、ブルーロックの人気キャラクター「凪誠士郎」を主役にしたストーリーの映画化が決定しました。

そこで今回は

  • ブルーロック映画はどこまでやるのか
  • ブルーロック映画の内容を予想

以上2点から、ブルーロック映画の情報をご紹介します!

それでは、ブルーロック映画どこまでやる?内容を予想!をお届けしていくので、最後までお付き合いください。

目次

ブルーロック映画どこまでやる?

ドラマ

今回のブルーロックの映画ではアニメで描かれた「潔世一」を主人公にする物語ではなく、外伝が映画化されます。

外伝作品は「ブルーロック -EPISODE 凪-」のタイトル通り、凪誠士郎を主人公にした物語です!

なので、この映画はアニメの本編作品の続きではないことにご注意ください。

「ブルーロック -EPISODE 凪-」は初の映像化になるので、映画化でどこまで放映されるのか気になりますよね。

それではブルーロック外伝の映画はどこまでやるのか、原作漫画の「ブルーロック -EPISODE 凪-」のストックから予想していきます!

なお、予想は個人の見解であることをご了承ください。

映画の原作になる「ブルーロック -EPISODE 凪-」のストックは?

映画公開日の2024年4月19日時点で、「ブルーロック -EPISODE 凪-」は単行本3巻まで刊行されています。

ほかのアニメ映画化された作品と比較しても、3巻は平均的なストック数と言えます!

そこで、ストック数から映画を予想すると以下の2パターンが予想できます。

  • 放映されるのは1巻~3巻まで
  • 放映されるのか1巻+オリジナルストーリー

順当に制作されると、初の映像化なので1巻から映像化されると予想し、現在刊行されている3巻までが放映されると思われます!

実際にアニメ映画化された作品のほとんどが順当に巻数ごとに放映されたり、数話カットしつつも巻数通りにストーリーを進めています。

なので、3巻の内容までが放映される可能性が非常に高いと予想します!

ですが今回の「ブルーロック -EPISODE 凪-」は外伝作品になるので、本編作品の映画化よりオリジナルストーリーが追加される可能性は高いです。

またオリジナルストーリーとまではいかなくても、一部オリジナルのシーンや映像化でしか見られない描写などは追加されると思われます!

ブルーロック映画の内容を予想!

ドラマ

外伝作品を漫画で読んだことある方も、そうでない方も映画の具体的な内容まで気になってしまいますよね♪

ということでここからは、映画の具体的な内容まで予想していきます。

現在3巻までストックがある「ブルーロック -EPISODE 凪-」の映画化内容には、以下の3パターンが予想されます!

  • ブルーロック入寮前~青森駄々田戦まで
  • ブルーロック入寮後の第一次試験編まで
  • ブルーロック入寮後の第二次試験編冒頭まで

どのパターンが映画化されても面白いこと間違いなしですが、お気に入りのシーンが放映されるかなどは知っておきたいですよね!

それぞれ詳しくご紹介していきます。

なお、予想は個人の見解であることをご了承ください。

予想①:ブルーロック入寮前~青森駄々田戦まで!

1つ目の予想は、「ブルーロック入寮前~青森駄々田戦まで」です。

青森駄々田戦までは単行本1巻の内容なので青森駄々田戦までの場合は、オリジナルストーリーが多い構成になると思われます!

単行本2巻からは本編作品とリンクして展開が進んでいきますが、本編との関連部分が少ないストーリーなのでオリジナルストーリーが作成される可能性はあります。

ブルーロック本編ではほとんど語られない、高校生活の場面やブルーロック入寮前の試合などが深堀して放映のはファンにとってとても嬉しいですね♪

ですが、正直「ブルーロック入寮前~青森駄々田戦まで」が映画の内容の可能性はあまり高くありません。

事前に公開されている映画のキャラクター紹介に、「糸師凛」の名前があることからブルーロック入寮後のストーリーもしっかり描かれると予想されます。

ですがもし、オリジナルストーリーの多い構成なら主人公の凪誠士郎だけでなく、潔や糸師凛などの高校生活が描かれることも期待したいですね!

予想②:ブルーロック入寮後の第一次試験編まで!

2つ目の予想は、「ブルーロック入寮後の第一次試験編まで」です。

今回の3つの予想の中で最も確率の高いパターンだと考えられます!

原作単行本「ブルーロック -EPISODE 凪-」では3巻までで、第一次試験編までが描かれています。

現状のストックとも一致し、事前に公開されている映画のキャラクター情報などともほとんど一致しています。

このパターンの場合は、青森駄々田戦や本編では描かれなかったチームVの試合が見どころになりますね。

特にチームVの試合には、初めて映像化されるものが多いのでオリジナルシーンや、映画化ならではの迫力に期待がかかります!

ですが、1つ目の予想と同じく事前に公開されている映画のキャラクター紹介に、「糸師凛」の名前があることから第一次試験後の話が描かれるとこはほぼ確実です。

そこで予想できるのは、糸師凛の登場シーンまで放映されるパターンですが、先が気になりすぎるキリの悪い展開で終わってしまいます。

なので、「ブルーロック入寮後の第一次試験編まで」の場合、映画オリジナルの追加シーンなどで締めくくられることも期待したいですね!

予想③:ブルーロック入寮後の第二次試験編冒頭まで!

3つ目の予想は、「ブルーロック入寮後の第二次試験編冒頭まで」です。

第二次試験は、3対3の対人試験から始まりその後数試合が描かれますが、ここでは最初の1戦目までを冒頭として予想します。

1つ目、2つ目の予想と比べて事前のキャラクター情報や、ストーリーの区切りとしても切りのいいシーンです。

しかし、以下の2つの問題点があります。

  • 映画化するストーリーが多すぎる
  • 単行本のストックが足りない

1つ目に第二次試験冒頭の試合までを映画化するとなると、放映する試合数が多くなってしまい一部シーンがカットされる可能性があります。

仮に映画化されたとしても、短くまとめられた試合が多い構成になってしまうと予想されます…

そして2つ目に、単行本のストックが足りない問題があります。

現在刊行されている3巻まででは、第二次試験編冒頭までの内容がまだ描かれていません。

ですが、連載中のマガジンでは第二次試験編冒頭までが描かれているので、映画化の範囲に含まれている可能性は少なくありません。

3つどのパターンでも、映画ならではの大迫力のストーリーが見れると予想できるので、楽しみに待ちましょう♪

まとめ

ブルーロック 映画 どこまで

今回は、ブルーロック映画どこまでやる?内容を予想!をお届けしました!

今回映画化されるブルーロックの外伝作品、「ブルーロック -EPISODE 凪-」が3巻まで刊行されているので、映画化の範囲に以下の2つを予想しました。

  • 放映されるのは1巻~3巻まで
  • 放映されるのか1巻+オリジナルストーリー

ですが、他のアニメ映画化作品と同じく原作に沿ったストーリーが展開されると思われます。

なので、放映されるのは1巻~3巻までの可能性が高いです!

また、放映される具体的な内容には以下の3つのパターンを予想しました。

  • ブルーロック入寮前~青森駄々田戦まで
  • ブルーロック入寮後の第一次試験編まで
  • ブルーロック入寮後の第二次試験編冒頭まで

放映される内容でもオリジナルのシーンや描写が使いされても、ストーリーの大筋は外れないと予想できます。

なので、「ブルーロック入寮後の第一次試験編まで」が放映される確率が高いです!

公開まで残り約1カ月となる映画ブルーロックを、皆さんもぜひ劇場で楽しんでくださいね♪

以上、ブルーロック映画どこまでやる?内容を予想!でした。

よかったらシェアしてね!
目次